ビワの葉温灸の特徴ってなんでしょうか?

ビワの葉温灸の特徴とは?

ビワの葉温灸は、優れた家庭療法として古くから伝えられてきました。

 

しかし、なぜこんなにも広く多くの人々に使われてきたかを考えた時に、

 

以下の5つの大きな特徴が自ずと見えてきます。

 

 

1.どなたでも簡単に出来る家庭療法

 

はりや一般的なお灸は、技術と専門的な知識が必要になりますが、

 

このビワの葉温灸は、誰にでもすぐに覚えられ、

 

また、からだのどの部分に行っても安全ですので、不安もありません。

 

 

2.痛さも熱さもなく、気持ちの良い療法

 

熱さや苦痛を伴うことなく、からだの細胞がゆったりとリラックスして、

 

自然のエネルギーを取り入れ活性化させてくれます。

 

何よりも気持ちが良いことで、喜んで続けられるということが重要なポイントです。

 

3.副作用がなく、どんな病気にも対応

 

自覚症状は出ていなくても、体の中で病気の下地が出来ている状態の事を、

 

東洋医学では、(未病)とよばれています。

 

現代のようなストレス社会では、多くの人がこの未病の状態であると言えるのではないでしょうか。

 

ビワの葉温灸は、まだ症状が本格化してない未病の状態から早めに治療を行えますし、

 

自然療法なので、もちろん副作用の心配もありません。

 

 

4.健康美と若さ保ち、健康維持に役立つ

 

人間は、だれしも老化を止める事はできません。

 

しかし、それぞれの世代ごとの健康や若さはあります。

 

ビワの葉温灸を行うことで、からだ全体の細胞を無理なく活性化させ、

 

心とからだを若返らせる効果が期待できます。

 

 

5.患部だけでなく、自然治癒力を高める全身療法

 

血液浄化作用から、全身の新陳代謝が盛んになることで、

 

健康を取り戻す根本とも言うべき自然治癒力が養われます。

 

つまり、いろいろな症状を取り除いたり和らげる対症療法であるだけではなく、

 

全身の調子も整えてくれる全身療法であるといえます。

 

 

 

 

このように、ビワの葉温灸には大変優れた特徴があります。

 

スポンサードリンク

関連ページ

ビワの葉温灸とは?
ビワの葉温灸とは? ビワの葉温灸は、家庭でできる自然治癒力を高める療法です。昔、医療が発達していない時代から重宝されてきています。医療が進んだ現代でも、家庭できる療法として重宝されています。
薬効について
ビワの葉の薬効とは何の成分が体に良いのでしょうか? 基本となるのが、三点ほどあります。薬効について解説します。
アミグダリンの作用
ビワの葉に含まれるアミグダリン。このアミグダリンの作用とはどんなものなのでしょうか。 科学的解析されて情報から、ビワの葉温灸の効果を裏付けを考えます。