ビワの葉温灸とは?

ビワの葉温灸とは?

 

ビワの葉温灸とは、だれにでも手軽にできる家庭療法です。

 

ツボを温灸すると聞くと難しいと感じる方も多いでしょうが、

 

特別な知識や経験は必要ありません。

 

体の痛むところに当てればいいので誰にでもすぐに覚えられ、活用する事が出来ます。

 

そして、このびわの葉温灸をより効果的に使う為には、

 

体の調子が良くなく元気の出ない時や、

 

病気とまでの判断が出来ない、ごく軽い症状のうちに使用して解消する事が重要となります。

 

 

近頃では、ちょっとした下痢や便秘、関節が痛いなどでもすぐに薬や湿布薬に
頼ってしまいがちですが、頻繁に薬を使用してしまう事によって、

 

人間が本来持っている自然治癒力が低下してしまい、
頻繁に病気にもかかりやすく、そして重い症状になった時には治りにくくなるのです。

 

 

びわの葉の薬効+温灸効果で自然治癒力を高める療法としてそれは、
「迅速・確実・万病に奏功」すると言われています。

 

何より、びわの葉の薬効は科学的にも、
下記のような効果確認されています。

 

  • 白血球の活動を活発にし、免疫力を高める
  • 赤血球や血小板などの血液成分の働きが旺盛になる
  • 血液を弱アルカリ性にする
  • グローミューを再生、強化する

 

 

このグローミューというのは、

 

動脈と静脈を結んでいる毛細血管のバイパスの役割をするもので、

 

全身にわたり存在しています。

 

このグローミューがしっかりとしていることで、

 

血行が良くなり体の隅々まで酸素を送り、

 

組織のガス交換を促進させ、新陳代謝を活発にさせてくれるのです。

 

 

しかしどうしても、生活習慣やストレス、老化でこのグローミューが萎縮したり、

 

消失したりしてしまいますので、その点でもびわの葉温灸療法は、とても有効なものだと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

関連ページ

薬効について
ビワの葉の薬効とは何の成分が体に良いのでしょうか? 基本となるのが、三点ほどあります。薬効について解説します。
特徴ってなに?
ビワの葉温灸は、優れた家庭療法として古くから伝えられ活用されてきました。 古くから伝わってくるなかで、ビワの葉温灸の特徴があることがわかります。
アミグダリンの作用
ビワの葉に含まれるアミグダリン。このアミグダリンの作用とはどんなものなのでしょうか。 科学的解析されて情報から、ビワの葉温灸の効果を裏付けを考えます。